So-net無料ブログ作成
test

PSYCHO-PASS(サイコパス)最終回 感想(その1) ※ネタバレ注意 [PSYCHO-PASS サイコパス]

スポンサードリンク



※ネタバレ注意  最終話を未視聴の方はご注意ください



PSYCHO-PASS(サイコパス)第22話、最終回、やはり面白かった。



すごく腑に落ちる最後でした。

あの物語は、やはりあの終わらせ方で正解だと思える要素が、

わずか20数分の物語に凝縮されていた。

なかなか、ああいう風には幕を閉じられないものです。



いろいろと自分なりに、最終話の予想をしていたわけですが、

いい意味で外れてくれたという感じです。



自分が立てていた予想は、キャラクターへの感情移入が強すぎて、

彼らが不幸にならないような願望になってしまっていたようです。



そういった視聴者のキャラへの感情移入が生まれたということは、

作り手側からしたら、"狙い通り”というカンジなのでしょうねw。

まんまと乗せられてしまったわけです。



物語のテーマは、「正義とは何か?」ですから、

キャラクターたちが、それぞれの正義を貫く必要がある。



特に狡噛の正義は、それが社会のルールを逸脱していると判っていても、

それでもあえて貫かなければならない、矛盾に満ちた正義。



これ失くして、あの物語は成立しようがないわけですから、

何がどうあっても狡噛は、槙島を殺さねばならないわけです。

でないと問題提起そのものが不完全に終わってしまいますからね。



この主たる目的をきちっと描くことに徹したシナリオは、

非常にブレがなく、やはり王道のど真ん中を行くものです。

シンプルだけど、面白い。



でもディテールに凝るだけでは、単なる様式美になってしまうし、

きちんとした仕掛けを用意しておかないと、丸裸だけに飽きられてしまう。

それって、非常に難しい。



最終話は、ホント仕掛けが多かったですね。



朱ちゃんがドミネーターのロックを解除させ、パラライザーに固定させた理由。

朱ちゃんがたどり着いた、「法(正義)とは何か?」という境地と理想的な世界。

それを理解しつつも、今この時点で狡噛が執らなければならない行動。



そして何といっても、槙島の狡噛に対しての想い。

狡噛が”槙島を殺すのは自分しかいない"と思っていたように、

槙島も"自分を殺すのは狡噛しかいない"と思っていた。

彼にそう思われてしまった時点で、答えはああでしかないわけです。



槙島は狡噛の分析どおり、非常に孤独だった。

そして、唯一無二の自分の存在を肯定してくれる存在を求めていた。

それが狡噛慎也だった。



その想いは、ある種の愛情にも似た、偏った感情で、

狡噛もそれを理解しながらも、本質的に拒絶した。


そして槙島射殺後の朱ちゃんのナレーション。

そう、第一話の冒頭のナレーションと全く同じ。

狡噛と槙島は、やはり出会う以前からそういう運命だったのでしょう。



悲しい結末ではあるのだけど、それに辿り着くための仕掛けが

キッチリと描かれているというのは、非常に爽快でもありました。



若干、槙島があっけない感じもありましたが、

槙島の狡噛への想いみたいなのを

ラストシーンで、きちんと匂わせる描写があったので、

これで「ああ、なるほど」となってしまったわけです。



ここからの、私なりの読み取りは次回以降で。

⇒最終回 感想&考察へ

⇒最終回 問題シーン考察(深読み編)へ

⇒最終回 感想(その3)&考察(槙島編)





コミック版、絵が非常に丁寧。

アニメ版との描写の違いもこれはこれでOKです。






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 3

トラックバックの受付は締め切りました
test

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。