So-net無料ブログ作成
test

PSYCHO-PASS(サイコパス)最終回 問題シーン考察(深読み編)  ※ネタバレ注意 [PSYCHO-PASS サイコパス]

スポンサードリンク



※ネタバレ注意  最終話を未視聴の方はご注意ください



最終回のスタッフロール。

ここに復旧した街の様子が映し出されます。

その中に気になるカットが……。



公安局局長室、奥に局長の禾生 壌宗、手前のソファに座る人物、

この後ろ姿は……雑賀 譲二???

このスカーフというか、マフラーというか、これは雑賀先生に間違いない!


PP.jpg


何で、局長=シビュラと雑賀先生が会っているんだ?



気が付いていない人は、すぐにビデオを再生するんだ!




確かに、雑賀先生は、過去に公安局で講義を行っていた。

それ以後も公安局に呼ばれたこともあるだろう。



今回の槙島事件においても、狡噛のプロファイリングは捜査上有効だった。

それを狡噛に叩き込んだのは、雑賀先生だ。



そして槙島のバイオテロの可能性を導き出せたのは、

雑賀先生の助言なくしては不可能であったといってもいい。



常守朱の成長も、雑賀先生の集中講義があってからこそ。



でも、雑賀先生自身、狡噛に協力したことで、

次にサイマティックスキャンされたら潜在犯とも言っていたはず?



その雑賀先生が、なぜ、局長室に居るんだ??




もしや……、










全ては仕組まれていたのか?





考えてみたら、槙島の存在は、朱のモンタージュ作成以前にシビュラは知っている。

なにせ、槙島と共犯だった藤間幸三郎は、シビュラの一員だったのだから。



モンタージュ作成に成功した直後、禾生局長(おそらく藤間)が、

「とうとう面が割れちゃったよ、聖護君」

と言っていたことが、すごく気になっていた。

まるで槙島を泳がせているように思えたからだ。



公安上層部から、槙島の顔写真が提供されたということにしておけば、

それがシビュラ(藤間)からの情報であっても、何ら不思議ではないし、

槙島を確保し、槙島を取り込むことが目的だとするならば、むしろその方がいい。



免罪体質者の存在は一般には公表できないにしても、

公安局だけで槙島の情報を管理するぶんには不自然でもないし、

何よりも槙島の犯罪を抑止することが出来たのでは?



つまり、シビュラの目的は槙島確保だけではなかったということだ。

槙島を泳がせることによって、シビュラが得たものは何だ?










常守朱の成長だ!





シビュラは、端から朱ちゃんの成長を促し、新たな社会システム構築に必要な、

重要サンプルを入手することが、その一番の目的だったのではないだろうか?



そのためのリスクとして、槙島によるヘルメット犯罪を容認した。

一方、社会システム自体の崩壊のリスクを回避するために狡噛を泳がせた。

考えてみたら、槙島の逮捕時における護送の方法とその護衛、

朱ちゃんが2度目に狡噛をドミネーターで撃った後の狡噛の管理が甘すぎる!



ただ、狡噛が時間内に単独で槙島のバイオテロを阻止する可能性は、あまりにも低い。

成功確率を上昇させるためには、協力者が必要だ。

それが雑賀先生だ。



本来、朱ちゃんが次の段階に成長するためには、

この事件現場に居合わせるだけでよかったはずなのだが、

宜野座の疲弊によって、朱ちゃんをそこに誘導する人員が不足した。

そのため、朱ちゃん自身にその場に自ら行ってもらう必要性があった。



そこで、検体候補である常守朱自身にコンタクトを取るに至った。

その時点で、当初の予定よりも早く、朱ちゃんが成長を遂げていたことで、

シビュラは己の姿をさらし、目的達成の確率を上方修正した。

そういうことなのではないだろうか?






雑賀先生は、過去に公安局で講義を行っていた。

これは必要性があったから、講義を行っていたのだろう。

しかし、受講者の監視官に色相が濁ってしまった。

それで、講義は中止になった。



その必要性とは何だ?



犯罪者の心理を理解しながらも、色相が濁らないのは朱ちゃんだけだ。

朱ちゃんはシビュラの適性判断によって、公安に導かれた。

最終的に選択したのは朱ちゃん自身だが、選択肢を提示したのはシビュラだ。



これらのことから考えられることは……、



公安局の監視官は、

シビュラのステップアップのための検体なのか?



エヴァのシンジの同級生全員が実はチルドレン候補だったように、

意図的に集められたサンプル候補なのではないだろうか?



そう考えれば、槙島事件後、未成年ながら登用された新任監視官が、

霜月美佳であるということにも納得できるのだ。



王陵璃華子事件の被害者の幼馴染である霜月美佳。

おそらく彼女もシビュラによって “事件に巻き込まれ、試された” に違いない。







雑賀譲二、彼は何者なのだろうか?

禾生壌宗と同様、シビュラシステムの一部なのだろうか?

もしそうだとするのならば、潜伏した狡噛はそのことに気が付いていたのだろうか?

もし彼がそのことに気が付いた(もしくは気が付いていた)としたら?



次に狡噛が朱ちゃんの目の前に現れる時には、

さらに高いプロファイリング能力を身に付けていることだろう。



何せ次の正義の鉄槌を食らわす相手は、シビュラシステム自体なのだから。



※これらは推測に過ぎません。 筆者の妄想です。 くれぐれも真に受けないように。

⇒最終回 感想(その1)へ

⇒最終回 感想(その2)&考察 へ

⇒最終回 感想(その3)&考察





どうやら小説版下巻には、アニメでは描かれなかった裏設定となる、

過去の描写も含まれるようです。(狡噛と宜野座の過去など)

楽しみですね。また妄想できます!






スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(3) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

コメント 5

日野 輝

当ブログ、一番人気の記事です。

この最終回エンディングの雑賀先生の後姿は、放送当時はラジオ等ではあまり話題になりませんでした。

個人的には、この疑問にはずっと悩まされ続けているのですが、「2」もしくは「劇場版」への伏線になっていることを期待しています。


雑賀先生は、新編集版の追加シーンにも出番があるそうです。何かのネタ振りであってくれるとうれしいですね。

by 日野 輝 (2014-07-26 01:16) 

NO NAME

常に守る で常守



朱に交われば赤くなる。

シビュラに染まるのではなく、シビュラを染め変える。

彼女はシビュラの一部になるべき存在なのでしょうか?

彼女はどのようなことでもサイコパスが濁らない特異な体質とか?

シビュラの想定外?

槙島はシビュラに取り込まれて復活するのか?

脳天撃ち抜いて無いような…

ウ~ン

それでもシビュラを破壊しそうな気がする。
by NO NAME (2014-09-19 02:51) 

日野 輝

「2」の予告PVを見る限りでは、朱ちゃんは霜月美佳と「正義のあり方」について衝突しそうな気配ですね。

それぞれの見解がどういうものなのかは、今のところハッキリしませんが、おそらく朱ちゃんは、「シビュラではなく自分達が判断する正義」を目指している気がするんですよね。

いきなりシビュラ破壊とはならないでしょうが、その礎を築こうとしている気がします。

このあたりも「2」の楽しみの一つですよね。
by 日野 輝 (2014-10-03 08:06) 

ゆかたん

この前、劇場版を観てきました。
2期を見なくても見れる作品。
感想としては、広げ過ぎたかなっていう内容でした。
ただ、その後の狡噛が見れたのだけは良かった。

サイコパスは1期で十分かな。
by ゆかたん (2015-02-05 01:14) 

日野 輝

>>ゆかたん 様

コメントありがとうございます。

1期と劇場版はセットですからね。それで満足という人も多いと思います。

そういう意味で、シリーズ継続のために「2」を間に入れたのは正解だったのかも。
最近はそう思います。
by 日野 輝 (2015-02-05 07:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 3

トラックバックの受付は締め切りました
test

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。